手作りスタンプ

スタンプイメージ

作る人の個性が発揮されるのが面白い、手作りのシャチハタ・スタンプ。
その作り方も色々とバリエーションに富んでいます。

それでは、もっと身近なものを使って、シャチハタ・スタンプの全体の部品を変えてしまうのではなく、一部の部品を変えた手作りのシャチハタ・スタンプを、どうにかして作れないものでしょうか…?

早速インターネットで、いろいろ探してみましょう。
すると…見つけました、とっても親近感のあるものが。

みなさんは、レポートや書類を書く時は、ボールペンを使いますか?万年筆で書きますか?
それとも、シャープぺンでペンの進むペースに任せて、書いていきますか?

ワタシはシャープペンでレポートを書く方ですが、なんせ筆圧が強くて、シャープペンの芯が折れてしまうのでよく消しゴムを使います。
そう「消しゴム」です。

では早速、シャチハタ・スタンプに使う、消しゴムのスタンプ・ハンコを作ってみましょう。

消しゴムにスタンプマークを彫る時は、スタンプ台のやわらかいタイプは、はんこの彫りをある程度深めに彫っておかないと、スタンプを押す用紙の余白にもインクがついて、汚れてしまうおそれがあります。

そういう時は、スタンプ台の方を消しゴムのスタンプ・ハンコに、優しく数回くらい押しつけておくことも必要です。

シャチハタの場合は、速乾性が売りとなります。
消しゴムで作ったスタンプをスタンプ台に押しつけ、彫りの深さをいくらか調整することで、少し強めに押してもスタンプを押す用紙の余白にインクがつく回数も減ります。

ページの先頭へ